どう違うの?ビットコインと電子マネー

投資ができるビットコイン

ビットコインとは電子マネーの機能も持っているインターネット上の仮想通貨のことを言います。仮想通貨を使って、インターネット上でネットショッピングを楽しんだりサービスの利用もできます。私たちがよく利用している電子マネーと同じですね。仮想通貨と電子マネーの違いは、電子マネーの価格は常に一定ですが、仮想通貨には相場があり常に価格が変動しています。ですので、株式やFXのような投資取引ができるのです。ビットコインは仮想通貨の代表的な存在で、近年世界中が注目する投資対象の一つになっています。株式投資やFX投資などの投資自体が身近でない人にとっては少し危うさを感じるかもしれませんが、ビットコインを始め仮想通貨で投資する人は年々増加傾向にあります。

従来の投資対象との違いは?

ビットコインなど仮想通貨を投資対象として取引することは、それほど難しいことではありません。株式取引やFX取引と比較してみても、あらゆる面で取引しやすくなっています。まず、株式取引の場合は最低取引単価の設定が高めなので、数万円から数十万円の元手が必要になります。しかし仮想通貨取引の場合最低取引単価が低く、数百円程度始めることも可能です。また、株式取引の場合は平日の日中の限られた時間のみ、FX取引の場合は平日24時間取引可能ですが土日は取引できません。一般的な会社員の人たちは取引できるチャンスが少なくなってしいまいます。しかし、仮想通貨取引の場合は土日祝日関係なく24時間365日取引可能です。取引通貨の数が少ないので、投資対象に迷わずに済むのも魅力の一つです。