どこで使える?ビットコインの普及状況とは

日本では一部量販店で支払いに使える

買い物をするときの支払いを日本でするとき、もちろん日本円で行います。外貨などもチケットショップなどで見かけますが、それらを使って日本で買い物はできません。お金には紙幣や硬貨の他、クレジットカードや電子マネーなどもあります。すべて日本円として使えるから買い物にも使えます。新たな通貨として仮想通貨が広まり、その中でもビットコインが最も流通していると言われています。日本ではどれくらい使えるかですが、大手家電量販店で決済時に使えるようになっています。ただ、それ以外の実店舗ではまだ使えるところは少ないかもしれません。元々ネット決済用ですから、ネットショップなどでは利用できるお店もそれなりにあります。手数料の節約になるかもしれません。

国によって広まり度合いが異なる

日本は世界の中でも経済大国の一つです。ネット環境などもそれなりに整備されていると言えるでしょう。しかし、海外から大きく後れを取っている分野もあります。それが仮想通貨、ビットコインの取り扱いです。ネット上で効率的に決済できる方法として進められていますが、各国では実店舗でも利用できるお店が増えています。クレジットカードや電子マネーは、決済システムの導入や手数料などで店舗に負担がかかります。ビットコインは、ほとんどコストをかける必要なく導入できます。中国などでは、露天等のお店でも決済用として使えます。自国の通貨の価値に心配を抱いているところの方が普及しやすいかもしれません。東南アジアなどではどんどん広まるかもしれません。